フェレットの里親里子、迷子・保護情報、健康日記に検査結果を記録。まにあっくな飼い主のための参加型フェレット情報サイト

会員情報  
メッセージを送る
最新の日記  
5月9日 ブログ始めました。
4月21日 さよなら、私のフェレット生活
4月6日 レボの命日
3月26日 飼い主、仕事を辞める
2月26日 カケシアと肝臓の薬(サプリ)
月別アーカイブ  
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2015年10月
2015年5月
2015年4月
2015年1月
2014年6月
2014年5月
2014年2月
2014年1月
2013年6月
2013年5月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月

 

 

 

 

 

 

     
ほっこりぃなさんの日記
日時 2015年5月9日
タイトル 月命日を迎えて
内容

レボが亡くなって1か月経ちますが、私の気持ちは回復どころか悪化する一方でした。

まずタボ、モコ、イチのレボ化現象。
今までとんでもないイタズラはレボしかしませんでした。でも3にょろ揃ってレボ並のイタズラっ子に。
仕草や表情もそっくりなときもあって、レボが憑依しているのかと感じるほどでした。
特にイチは顔周りの毛が日に日に黒くなっていき・・・「お前はレボじゃなくてイチなんだからそのままでいいんだよ」と言っても通じず(当たり前ですが)
突然甘えん坊になりました。

皆、ママを思ってしているのか単に「私もそのイタズラしてみたかったのよね」なのかはわかりませんが、それが悲しみに拍車をかけ後悔や自分への怒りでいっぱいになり、泣かない日はありませんでした。

レボのところに行こうとしたことも何度もありました。でもそんな時タボは気持ちを察するのかショップで最初に出会った時以来したことがなかったのに、ひしっと私につかまり離れようとしませんでした。タボは優しい子です。

ひと月経ってもそんな私を見て、パパはペットショップに行こうと。
ペットロスを治す最終手段は新しい子をお迎えすること。
残念ながらフェレットは今の子達と仲良くできる子がおらず、わんちゃんにしました。

ずっと可愛いと思っていたシーズーです。
パパはシュナとかダックスが良いと言ってたのに、あまりの人懐こさと可愛さから即決していました。

ワンにしたのも、少し理由があります。
レボのこともそうですがエキゾ専門の病院のない函館では、病気も見つかりずらいし万が一のことがあっても助けられないことが多いと感じたからです。

わんとふぇれずの共存は難しそうですが、少しずつ慣らしていきたいと思っています。

わんを迎えて、私は少し気持ちが明るくなりましたがまだまだです。
来週からは新しい仕事も始まるし頑張ります。


画像1 レボ化しつつあるイチ
画像2 名前は茶々です。よろしくです。

設定 公開範囲 : 全てに公開
書込制限 : 全て受付
コメント承認 : フリー制
View Count 1274

★ ★ ★
 
 

 

 

 

Copyright (C) 2008 Ferretalk All Rights Reserved.