フェレットの里親里子、迷子・保護情報、健康日記に検査結果を記録。まにあっくな飼い主のための参加型フェレット情報サイト

会員情報  
ちゆさん
メッセージを送る
最新の日記  
1月29日 心臓も悪くなってきている様子
1月10日 12月8日の手術から相変わらず1週間に一回通院してます。
12月23日 肝臓腫瘍摘出から2週間経ちました。
月別アーカイブ  
2021年1月
2020年12月

 

 

 

 

 

 

     
ちゆさんの日記
日時 2020年12月23日
タイトル 肝臓腫瘍摘出から2週間経ちました。
内容 本日無事に抜糸と病理検査の診断結果が出ました。
専門用語が多すぎて難しいですが下記が診断結果(汗)

診断名:肝細胞癌
初見:悪性腫瘍が形成されており、広範に壊死、出血。
結節内では腫瘍細胞が索状あるいは充実性に増殖。
腫瘍細胞は比較的高分化な肝細胞(低分化より進行が遅いそう)
軽度の核異型および核の大小不同を伴っている。
増殖巣内では明かな胆管を認めず、頻繁に多層性の細胞索を形成している。

切除状態も良好で、脈管への侵襲も無しと結果上はでましたが、院長先生は切除がかなり際どい位置だったので取り切れてるのか素直に喜べないみたい。

血液検査も貧血が治りつつある事以外に関しては術後1週間後より2週間後の結果が悪くて心配です。
本人は食欲もあってそれなりに元気なのになぁ

とりあえずステロイドの量を減らしてもう1週間様子見です。
来週はまた血液検査と場合によってはエコー検査。
ごめんよ、嫌な事ばっかりさせて(╥Д╥ )
設定 公開範囲 : 全てに公開
書込制限 : 全て受付
コメント承認 : フリー制
View Count 149

★ ★ ★
 
No.1 投稿者:れぱん ( 2020/12/25 22:03 )
ちゆさん

初めまして。

例え言葉が通じても、体の中の細胞とまでお話ができることは難しいです。ちゆさんのお気持ちをお察しします。

私は獣医師でも何でもなく、こんなコメントを残すことしかできません。

ちゆさんが、正しいと思ったことが正しいのだと思います。誰が何と言おうと、ちゆさんと、ちゆさんが信頼する獣医師の判断が一番正しいのです。

だから、判断について案じる気持ちはなくして、ただただ一緒にいてあげてください。自信を持って。

メリークリスマス。
No.2 投稿者:ちゆ ( 2020/12/26 21:57 )
れぱんさん、初めまして。
このサイトには本当にお世話になっています。
ここのフェレットの飼い主さんはあたたかい方ばかりで色々と救われます。

そうですね、フェレットちゃんは賢い動物なので不安な気持ちとか伝わってしまうかもしれません。

出来るだけ今の時間を大切にして楽しく一緒に過ごすようにしていきたいと思います。
■コメントの投稿
お名前
コメント
削除キー ※半角英数字3〜8文字以内
 

■コメントの削除
記事番号 削除キー
 

 

 

 

Copyright (C) 2008 Ferretalk All Rights Reserved.