フェレットの里親里子、迷子・保護情報、健康日記に検査結果を記録。まにあっくな飼い主のための参加型フェレット情報サイト

会員情報  
シナモンさん
メッセージを送る
最新の日記  
6月13日 さらにアリューシャンもあった
4月25日 変形性関節症、脊椎症
4月1日 私のせいで病気にしてしまいました
3月19日 手術とインフォームドコンセント
3月10日 ごはん待ちのネジュマちゃん
月別アーカイブ  
2020年6月
2020年4月
2019年3月

 

 

 

 

 

 

     
シナモンさんの日記
日時 2020年6月13日
タイトル さらにアリューシャンもあった
内容 ノロちゃんは2月に便のRT-PCR検査でフェレット全身性コロナウィルス(FRSCV)陽性が出ていましたが、抗ウィルス薬を用いても下痢がよくならず。グロブリン値もずっと低いままという不思議な状態でした。

グロブリン値やA/G比の正確な値を見ておこうと思い、電気泳動法による血清検査を行い、ついでにFRSCVに症状が似ているミンクアリューシャン病の抗体検査も行いました。

すると、抗体価6倍という結果でした。過去の感染であってすでに克服されている可能性もあるとのことでしたが、今の下痢がアリューシャン由来であることも否定できない。
インターフェロン(注射ではなく、牛の腸炎用の内服のもの)を始めることになりました。

全身性コロナとアリューシャンを両方持っている子なんて、これまで聞いたこともありません。
ノロちゃんはマーシャルファームから来てペットショップで購入した子で、ケージメイトで去年亡くなったネジュマちゃん(同じくマーシャル、同じショップ出身)以外のフェレットとの接触もなく、ホテルに預けたことも一度もありません(留守にするときは家にシッターさんを呼びました)。ファームかショップで感染したのでしょうが、これはレアケースなのでしょうか。

私の最初のフェレットで、とてもとても大事な子なのですが、2歳で発覚した副腎腫瘍に始まり、あまりにも問題が多くかわいそうでなりません。
誤嚥性肺炎も、高容量ステロイドの悪夢のような副作用も、乗り越えてこれまで生きてきてくれました。8月で6歳になります。この子が苦しむことなく、毎日楽しく一緒に暮らすことを第一にします。

設定 公開範囲 : 全てに公開
書込制限 : 全て受付
コメント承認 : フリー制
View Count 160

★ ★ ★
 
■コメントの投稿
お名前
コメント
削除キー ※半角英数字3〜8文字以内
 

■コメントの削除
記事番号 削除キー
 

 

 

 

Copyright (C) 2008 Ferretalk All Rights Reserved.