フェレットの里親里子、迷子・保護情報、健康日記に検査結果を記録。まにあっくな飼い主のための参加型フェレット情報サイト

会員情報  
シナモンさん
メッセージを送る
最新の日記  
6月3日 フェレットの車いす
5月25日 ノロちゃん亡くなりました
2月6日 7歳半になりました
11月23日 気持ちが悪いです
8月9日 7歳になりました
月別アーカイブ  
2022年6月
2022年5月
2022年2月
2021年11月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年4月
2021年1月
2020年12月
2020年6月
2020年4月
2019年3月

 

 

 

 

 

 

     
シナモンさんの日記
日時 2022年6月3日
タイトル フェレットの車いす
内容

たろさんがフェレットの車椅子の作成をされています。今回はたろさんの試作品がたまたま既に他の方に貸し出されていたり、部品を集めたりする前にうちの子の具合が悪くなってしまって試すことができませんでしたが、後ろ足の弱った子の世話についていろいろ教えていただきました。たろさん、ありがとうございました。

なお、アメリカのフェレ飼いさんで長年フェレットの車椅子を作る活動をされている方(ご夫妻)がおり、うちの子にも作ってくださいました。結局はうちの子は乗る前に亡くなってしまったのですが、作りも良く考えられており、筋肉の萎縮を防ぐのに役立ちそうだと思えるので写真でご紹介します。
写真が分かりにくいかもしれませんが、うちの子の車椅子は短めの仕様です。これは足がまだ動く子向けのタイプで、フェレットが後ろ足にあまり体重をかけずに、後ろ足を使いながら歩くことを可能にするので、後ろ足のリハビリにも使えます。
発注をするときはフェレの体重と、歩いている(歩こうとしている)様子を撮った動画を送ります。

ご本人が引用しても良いとのことでしたので、車いすを紹介しているFacebook上のグループへのリンクも貼っておきます(英語です)。
https://www.facebook.com/groups/137564440151335/?ref=share

あるいは、以下のグループ名で検索してください。
Connie and Euel Oliver's Freedom Flyer Wheelchairs for Disabled Ferrets

公開グループなのでアカウントがなくても見られると思います。また、利用者の動画(実際にフェレットが車いすに乗っている動画)がたくさんありますので、見ていて楽しいです。

〈車いすの注文の仕方〉
・車いすの注文・購入の場合も上記FBグループからOliverさんご夫妻にメッセージで連絡します。Oliverさんの指示に従って、フェレちゃんの体重と、歩いている動画など必要な情報を送ってください。メッセージを送るにはFBメッセンジャーのアカウントが必要です。やり取りは英語で行う必要がありますが、英語が苦手な方はGoogle翻訳等を使うと良いと思います。
うちの子のようにお腹に巨大腫瘍があるなど車いすのデザインに影響しそうな事情がある場合、後ろ足が弱っている理由がはっきりしている場合(例:インスリノーマ)は、それも書くと良いかもしれません。

・車いすはカスタムメイドなので、値段は一定していないようです。うちの場合はアメリカからの郵送費と合わせても日本円にして5桁行くか行かないかくらいでしたので、材料費程度といえると思います。支払いはペイパルで行いました。

・所要時間ですが、うちの場合は作成に1週間、郵送に10日くらいかかりました(アメリカ郵便局の普通便)。ただし所要時間はご夫妻がどのくらい忙しいかと、コロナや戦争などに影響を受ける国際郵送網の状況に左右されます。作成時間はOliverさんにメッセージで直接確認し、郵便の状況は最新情報をネットで自分で調べると良いと思います。急いでいる場合には、こちらで料金を負担する形で、アメリカの郵便局の速達(Express)や、DHLやFedExなどのクーリエの利用にも対応してくださるそうでした。

設定 公開範囲 : 全てに公開
書込制限 : 全て受付
コメント承認 : フリー制
View Count 215

★ ★ ★
 
No.37 投稿者:たろ ( 2022/06/11 06:31 )
 現在私の手元に車イスがあります。外側はプラスティック製、内側に(写真だと白い部分、すれないようになっているふかふか素材)柔らかめのシーネを加工した物をボルトで固定し、外側のプラスチックに固定した物で両面テープで体にフィットさせるようになっています。車軸、車輪はどの様な物から入手されたのか解りませんがこの頃の大型のフェレちゃんに丁度良い感じです。

 もう少し色々見させていただき、その後、シナモンさんと私が通院している病院に預けることになっています。
No.39 投稿者:シナモン ( 2022/06/13 22:16 )
https://www.facebook.com/100015845165339/videos/279668084317078/

この動画のが足が完全にマヒしている子用の車いすです。後ろ足が乗るように車体が長く、ベルトが4か所あります。
No.40 投稿者:れぱん ( 2022/06/14 18:56 )
カラカラと車輪をまわして、おうちの中を歩くフェレットの姿。にっこりしてしまいます。「また歩けたね。良かったね♪」って。

そういう思いを持てる飼い主さんが、これからも車椅子のおかげで増えてくれますね、きっと。

シナモンさんがお譲りしようとしているペットシーツやファウンテンも、飼い主さんにとっては「ありがとう!」ですね。良いご縁がありますように。
No.41 投稿者:シナモン ( 2022/06/16 22:13 )
れぱんさん

車椅子で歩く子のうれしそうな姿と表情、本当に可愛いですね。年をとっても病気になっても、フェレットがフェレットでいられるように、手助けできたらいいですね。
No.42 投稿者:たろ ( 2022/06/27 07:16 )
 昨日動物病院に通院のため行ってきました。そこで院長先生に車イスを預けて来ました。 都内の〇〇こ未来動物病院です。ご覧になりたい方は先生方に話をすると見せていただけると思います。
No.43 投稿者:シナモン ( 2022/06/27 22:02 )
たろさん

どうもありがとうございます。病院に連絡します。

申し訳ございませんがこの車いすは私が作ったものではないので病院で展示して私が購入代理人のような役割をするつもりはありません。またこの車いすは、苦しんでいるうちの子についての私の投稿を見たOliverさんが話しかけてくださり、作っていただいた大切なものなので、車いすは墓前に供えるためうちで引き取ります。車いすの作成者と連絡先、購入方法についてはここも含めていくつかのSNSで記していますので、宣伝はそれのみにとどめるつもりです。
■コメントの投稿
お名前
コメント
削除キー ※半角英数字3〜8文字以内
 

■コメントの削除
記事番号 削除キー
 

 

 

 

Copyright (C) 2008 Ferretalk All Rights Reserved.