フェレットの里親里子、迷子・保護情報、健康日記に検査結果を記録。まにあっくな飼い主のための参加型フェレット情報サイト

会員情報  
たろさん
メッセージを送る
最新の日記  
4月11日 家もお迎えしました
4月5日 プリンちゃんに続いて・・・
3月27日 先ほど虹の橋を渡りました。」
8月1日 残念ながら
2月14日 虹の橋を渡りました。
月別アーカイブ  
2018年4月
2017年4月
2017年3月
2016年8月
2016年2月
2015年11月
2015年8月

 

 

 

 

 

 

     
たろさんの日記
日時 2016年2月14日
タイトル 虹の橋を渡りました。
内容

 残念ながら今朝午前2時に家の最長老の闘七郎が虹の橋を渡りました。9才7ヶ月でした。

 この子はファーファームが中国に移転して初年度出荷の子達の1匹でした。約50匹くらいの子達が大坂で気性が荒すぎて売れないという事で薬殺処分されそうになったのを現在はなくなってしまいましたが「ビバフェレット」の店長さんが全部引き取り名古屋の方に依頼をして里親を募集したときに家に来た子達の1匹でした。1番最初に選ばせてもらい、手をケージに入れてすぐ寄ってきてくれた子2匹を連れてきたのですが、2匹とも今まで見たことがないくらいのかみかみマシーンでした。かなりの人間不信だったようでした。

 噛まなくなるまで約半年かかりましたが、解ってくれると1番の甘えん坊になり、何かあると私の後をついて来、抱っこされたり肩乗りをするのが大好きでした。たまに、私が完全に油断をしていると軽くカプリとやり「油断していたでしょ!」と抱っこされながら自慢げにこちらを見ていたりしていました。

 8才になりインスリを発症しましたが、高齢のため手術は断念、うまく管理ができ、今まで頑張ってくれました。

 先週あたりから体重が減ってきた事と、もう1匹の麦子が、朝エネルギー切れの感じがしたので夜中に高栄養の流動食を食べてもらうようにしたのですが、体重減少を抑える事ができませんでした。

 今朝流動食を食べさせようとしたらあいさつ無しでさっさと虹の橋を渡ってしまった後でした。まだ温かかったので5分と差が無かったと思います。

 今朝、他の子達が眠っている家の敷地の墓地スペースに埋葬しました。16匹目となります。

 闘七郎を含めみんな、いつか虹の橋のたもとでみんな再会しようね。それまでいろんな子達と遊んで待っててね。

 写真は昨年11月に奈良に行った時、最年長の雛子(10才8ヶ月)にあやかり、ご長寿を祈って亀石の前で撮影した写真の一部です。

設定 公開範囲 : 全てに公開
書込制限 : 全て受付
コメント承認 : フリー制
View Count 1254

★ ★ ★
 
 

 

 

 

Copyright (C) 2008 Ferretalk All Rights Reserved.