フェレットの里親里子、迷子・保護情報、健康日記に検査結果を記録。まにあっくな飼い主のための参加型フェレット情報サイト

会員情報  
メッセージを送る
最新の日記  
5月9日 ブログ始めました。
4月21日 さよなら、私のフェレット生活
4月6日 レボの命日
3月26日 飼い主、仕事を辞める
2月26日 カケシアと肝臓の薬(サプリ)
月別アーカイブ  
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2015年10月
2015年5月
2015年4月
2015年1月
2014年6月
2014年5月
2014年2月
2014年1月
2013年6月
2013年5月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月

 

 

 

 

 

 

     
ほっこりぃなさんの日記
日時 2017年4月21日
タイトル さよなら、私のフェレット生活
内容

本日16時半頃、タボが亡くなりました。

昨日急変して、あっという間でした。
お尻からグルコースも慣れ、気圧の変化に対応してインスリノーマの対策はばっちり。
自らカリカリも食べだし、来月のお花見は最後に行けるかと思っていた矢先でした。

貧血でした。急患で病院に行きましたが、血液検査しても何が原因かはわからず出血してるかの有無を確認できるかどうかだけで出来ることは同じとのことだったので、輸液とステロイドを打ってもらいました。
最後はご飯も飲み込めなくなり、カケシアを溶いてスポイトであげてましたがほとんど垂れてしまっていました。
もう飲みたくないかも、辛いかもと思いましたが
「頑張れ、タボ」と声をかけると舌を出してゴクンとし手足をバタバタさせるので、もう少し頑張りたいのかもと泣きながらスポイトであげては拭き拭きしていたら、突然体を反らし口を大きく開けて舌を突き出し絶命しました。
こちらを見ているかのように目を開けていたのですが心臓が止まってしまっていました。本当に一瞬。

犬を飼おうとしていた私に旦那が勧めたフェレット。見に行ったその先で初めて見たフェレットがタボでした。
タボに沢山お友達を作ってあげたくて、お迎えした子達は先に逝ってしまい最後にタボが残り副腎・インスリ・肝臓・肺等内臓ボロボロになっても頑張りました。
我が家で一番の長生き。さすが長男。

予備知識なしで飼い始めたフェレット。本等は読みましたがここで皆さんに色々教わって、交流できたことを感謝しています。

私はもうフェレットを飼うことはないでしょう。
それはフェレットが嫌いになったとかではなく、「幸福度最下位」なこの田舎ではフェレットを救う術がないからです。見送る度にそう痛感しました。

こんな初心者の私に色んなアドバイス・温かい言葉をくれた皆様、本当にありがとうございました。

設定 公開範囲 : 全てに公開
書込制限 : 全て受付
コメント承認 : フリー制
View Count 689

★ ★ ★
 
日時 2017年4月6日
タイトル レボの命日
内容

どうしても忘れられない日。

タボが心配で、近所のスーパーに行くのがやっとなので併設の花屋さんで超ミニブーケを買いました。

アレンジメント頼みたかったけれど、大きくて写真立ての横に置けそうにないので、本当に気持ちだけ。

昨日もタボは発作起こしかけてブドウ糖で何とかしました。
季節的に気圧の変化が多いのかな?と
気圧アプリなるものを入れたら、まさにその通りでした。
こまめにチェックしないとです。

レボも突然だったから、季節の変わり目は要注意ですね。

設定 公開範囲 : 全てに公開
書込制限 : 全て受付
コメント承認 : フリー制
View Count 485

★ ★ ★
 
 

 

 

 

Copyright (C) 2008 Ferretalk All Rights Reserved.